社会保険労務士になりたいのなら講座を受けよう

労働問題を解決する専門家

レディ

一般企業でも有用な資格

ブラック企業問題やメンタルヘルス対策など、企業における労務管理の重要性が改めて認識されている昨今、注目を集めているのが社会保険労務士という国家資格です。社会保険労務士は社会保険や労働保険、労働関係紛争といった労働に関する諸法令や事務手続きのスペシャリストです。有資格者は独立開業できるほか、一般企業の人事部門などでも活躍できます。社会保険労務士の国家試験は毎年8月に行われますが、ここ20年ほどの平均合格率が10パーセントを下回るという、かなりの難関です。合格率の低さは社会人の受験が多いため勉強時間の確保が難しいことも一因になっていると考えられており、働きながら資格取得を目指す人は効率的に学習を進めるための工夫が必要となります。そんな中で、多くの受験生によって選ばれているのが通信講座です。通信講座であれば、ちょっとした空き時間などを使いながら自分なりのペースで受験勉強ができます。また、受講期間中に法律改正等があった場合は随時対応してくれるので、市販の参考書等を使ってまったくの独学で勉強するよりも情報収集がしやすいというメリットがあります。通信講座の仕組みはそれぞれのスクールごとに異なりますが、平均的な受講期間は入門者向けで1年〜1年6か月です。社会保険労務士試験は毎年8月に行われるので、おおむね前年の3〜9月ごろに開講します。教材はテキスト・問題集・DVD等のメディアの3点が基本です。最近ではウェブ講座といって授業の模様を限定配信するスクールも増えています。

スーツの人

バッチリと試験対策を

社会保険労務士は難関試験の1つになっており、独学で勉強を続けるにはかなりの労力が必要です。そのため、スクールや通信講座を活用して勉強する人が多いです。特に最近の通信講座は教材の質が向上しており、e-ラーニングの普及で空いた時間を有効に活用できると評判です。

説明

社会人に人気の国家資格

社会保険労務士は一般企業の総務部門等で重宝するほか、独立開業も可能な人気の資格です。働きながら取得を目指すなら、通信講座で勉強するのが便利です。カリキュラムやテキストの内容、サポート体制などを比較して、自分に合ったものを選ぶようにします。

ウーマン

合格に近づく選択方法

社会保険労務士試験に対応している通信講座は、どこも同じではありません。どの会社も工夫を凝らし、分かりやすくて合格できる様に作られています。しかし学びやすいと感じるのは人それぞれです。合う合わないがあるので、教材の確認は必要になります。自分の状況や環境も検討材料の1つです。