社会保険労務士になりたいのなら講座を受けよう

合格に近づく選択方法

ウーマン

選択ミスをなくす為に

社会保険労務士は難易度は高いですが人気の資格です。人気であるが故に、多くの通信講座があります。いざ始めたら、その講座の学習システムが自分に合わなかったなんて事のない様に、見極める事は必要です。資格試験の通信講座の費用は、難易度や科目数により違いがあります。社会保険労務士試験では、8科目であり多い科目数と学習量を要します。その為、費用は10万円近くにもなります。講座の選択ミスを防ぐには、まず自分の状況を認識する事から始まります。初学者であるのか違うのか、資格試験体験者なのか違うのか等により、選ぶべき講座は違ってきます。多くの社会保険労務士通信講座では、初学者用のコース・中級者コース・最後のまとめを学ぶ上級者コースがあります。費用も初学者は高く、上にいく程安くなります。次に教材の確認です。白黒・フルカラー・2色刷りがあり、自分にとって見易く学びやすい教科書かで選びます。その際、通信講座ならではの講義収録教材も確認しておくとよいでしょう。講義収録教材とはDVDや音声データ、Webで学ぶ教材です。自分の環境が対応できるか確認します。最後に費用です。費用は高いから良いというものではありません。上記の選択基準から合致した講座で、且つ自分の納得できる価格の講座を選びます。どの通信講座でも、質問サポートについては充実しています。多少の違いはありますが、電話や質問カード、メール等対応しています。社会保険労務士試験には教育訓練給付制度があります。対応しているなら費用負担軽減できます。