社会保険労務士になりたいのなら講座を受けよう

バッチリと試験対策を

スーツの人

教材の質が上がっています

社会保険労務士とは、社会保険や労務に関する法律の専門家です。社会保険労務士が行う主な仕事内容は、人事労務管理のコンサルティング・労働社会保険関係の手続き代行・年金に関するアドバイスなどがあります。近年は年金に対して世間の関心が高まってきているため、年金に関する相談を受ける機会が増えています。社会保険労務士は国家資格であるため、試験に合格しなければ仕事ができません。しかし社会保険労務士国家試験の合格率は、年度によっては10%を切ることもあり、難関試験の1つに挙げられます。社会保険労務士試験に合格するために独学で勉強する人もいますが、合格率が低いためスクールや通信講座を受講するのが一般的です。特に働きながら社会保険労務士試験合格を目指したり、地方在住で近くにスクールがなかったりする場合に通信講座が人気です。通信講座では勉強が続かないという人もいますが、近年では教材の質が上がり学習を続けやすい工夫がなされています。印刷の技術が向上したことからフルカラーテキストを採用する通信講座が多く、記憶に残りやすく理解しやすいと評判です。更にCDやDVDがセットになっている講座が多く、プロ講師の講義を聞いて理解を深めることが可能です。更にインターネット技術の向上から、e-ラーニングを採用する講座が増えています。タブレット端末やスマートフォンの普及によって、外出先で空いた時間を有効活用して勉強することができます。また通勤講座の受講料相場は数万円単位であり、スクールよりも格安な点も支持されています。